医療レーザー脱毛は痛いの?痛くないの?

医療レーザー脱毛 痛い
脱毛効果が高いといわれる医療脱毛クリニックの医療レーザー脱毛。ムダ毛に悩む人なら施術してもらいたいという人も多いと思います。

ただ、脱毛時の痛みが怖くて二の足を踏んでいる人もいるかもしれません。そこで結局のところ、医療レーザー脱毛は痛いのか痛くないのかについて解説していきたいと思います。

まず、もう結論から言ってしまいます。医療レーザー脱毛は痛いです。医療脱毛クリニックの中には痛くないということを全面的に押し出しているところもありますが、そういったところは信用できません。

たしかに医療レーザー脱毛器もどんどん進化していて痛みを軽減する工夫はされているのですが、医療レーザー脱毛器である以上は残念ながら痛みを伴います。

では医療レーザー脱毛はどれくらいの痛みを感じるのかについてですが、よく言われているのが輪ゴムがパチッと弾けるような痛みです。これならそんなに痛くないのではないかと思う人も多いでしょう。

でも、これはちょっと優しい表現といえるかもしれません。医療脱毛クリニックも、痛みが強いと言ってしまうとお客さんが来なくなってしまう可能性もあるので、少しやんわりとした表現をしています。

では本当のところはどれくらいの痛みかですが、静電気をバチッと肌に受けたような痛みというのが表現としては近いです。ちょっと不快に感じる痛みだと思います。ただ、感じる痛みには個人差があります。

例えば人によっては全然痛みがないということもありますし、涙が出るほど痛いという人もいます。これは辛い物を食べた時も同じですよね。人によっては全然辛くないと言いますし、辛すぎて無理という人もいます。医療レーザーの痛みも同じで、個人差はかなりあると思っておいてください。

また、脱毛の部位によっても感じる痛みは違いがあります。もちろんこれも個人差はあるのですが、腕や足などの部位の脱毛に関してはそれほど痛みを感じにくい人が多いです。

逆に、顔や脇、VIOなどのデリケートで敏感な部分の脱毛の場合は結構な痛みを感じる人が多いです。

脱毛 麻酔ここまでは医療レーザーは痛いという説明をしてきました。読者さんとしてはやっぱり医療レーザーで脱毛するのは怖いなと思ってしまったかもしれません。

でも、裏を返すと痛みがあるということは脱毛効果が高いということです。医療レーザーで脱毛すればほとんどの方が短期間のうちにムダ毛の悩みから解放されます。

「そうはいっても痛いのは嫌だ」とおっしゃられる方もいるでしょう。でもご安心ください。医療レーザー脱毛器を使って脱毛してくれる脱毛クリニックのほとんどが、麻酔を用意しているんです。

麻酔はたいてい2種類あって、1つは麻酔クリーム、もう1つは笑気麻酔です。麻酔クリームはピンポイントでの脱毛の痛みの軽減に向いていて、顔や脇などによく使われています。

麻酔クリームを塗布した場所は軽いマヒ状態になるので医療レーザーでの脱毛でも痛みがかなり軽減されます。

一方、笑気麻酔は広範囲の脱毛に効果的です。笑気と呼ばれるガスを吸うと、酔っぱらったような状態になるんです。

安全性が高いうえに脱毛時の痛み、そして脱毛時の痛みの恐怖心までも軽減してくれるんです。どちらの麻酔についても施術前に施術者から聞かれたり、こちらから依頼すれば麻酔してくれます。

のように医療レーザーというのは痛いと感じる人が多いけれど、その対策もしっかりしているので誰でも問題なく脱毛を続けていけるようになっています。

それでも不安があるという方は、本契約する前にカウンセリングをしてもらって医療レーザーを試させてもらうのがベターです。

今はたくさんの医療脱毛クリニックで無料で体験できるでぜひ試してみてください。